旅知恵 鉄道便利帳

【①東海道新幹線】新幹線の列車種別を知ろう!~「のぞみ」「ひかり」「こだま」~

新幹線に乗りたいけど、どの新幹線に乗ったらいいかわからない…

そんな方のために、新幹線の列車種別を紹介していきます。

第1弾は、東海道新幹線の列車種別についてです。

(筆者の私が東京在住なので、どうしても東京からの視点になります。ご了承ください。)

東海道新幹線について

東海道新幹線は1964年10月1日に開業した、日本、いや世界初の高速鉄道です。

開業当時は国鉄でしたが、1987年4月1日から国鉄民営化により、JR東海が運営しています。

東海道新幹線は東京から新大阪までですが、一部列車は山陽新幹線の博多まで乗り入れています。

東京・名古屋・大阪と日本を代表する大都市を結び、日本の大動脈として、日々快走しています。

東海道新幹線の列車種別は「のぞみ」「ひかり」「こだま」の3つです。

それぞれどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

 

のぞみ

まず最初に紹介するのは、「のぞみ」です。

「のぞみ」は黄色い幕

停車駅・所要時間

停車駅:東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪

所要時間:約2時間半(東京~新大阪)

「のぞみ」は東海道新幹線の中では、一番早い種別になります。

新横浜を出ると、次は名古屋なので、面積の大きい静岡県には目もくれません。

毎日、東京と新大阪の間を、飛ばしに飛ばして走っています。

運行本数

運行本数:約10分に1本

日本の大都市を結ぶ新幹線ということもあり、本数はなんと約10分に1本の間隔です。

とんでもない本数です。

東京駅にいくと、「のぞみ」が次から次へと出発していく様子を見ることができます。

列車編成

列車編成:16両
自由席:3両(1~3号車)
グリーン車:3両(8~10号車)
指定席:10両(4~7、11~16号車)

全車禁煙(3・10・15号車に喫煙ルームがある)

トイレは2両に1つ(奇数号車の車端部)に備え付けられている。

N700系車両の普通席には窓側と端の座席に、グリーン車は全席にコンセントがある。
N700S系車両には、普通席・グリーン車の全席にコンセントがある。

自由席は3両ですが設定されています。繁忙期は始発の東京駅の段階で満席になることもあります。

全車禁煙ですが、希望すれば喫煙ルームに近い座席を確保することができます。

喫煙ルームといい、コンセントといい、ビジネス客向けの設備が多いような感じがします。

10分に1本、16編成の新幹線が、東京~新大阪間を約2時間半でお客さんを運んでいます。

まさに「のぞみ」は、日本の大動脈そのものです。

 

ひかり

続いては「ひかり」です。

「ひかり」は赤い幕

停車駅・所要時間

停車駅:東京・品川・新横浜・(小田原)・(熱海)・(三島)・(静岡)・(浜松)・(豊橋)・名古屋・(岐阜羽島)・(米原)・京都・新大阪
運行する「ひかり」によって停車駅が異なる。

所要時間:約3時間(東京~新大阪)

「ひかり」は、「のぞみ」に比べると停車駅が多くなります。

「のぞみ」が停車する東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪には必ず停車しますが、それ以外の駅は運行する「ひかり」によって停車駅が変わります。

そのため

新横浜・小田原の次は名古屋、名古屋から先は各駅に止まる

とか

新横浜から静岡・浜松・豊橋とチラホラ止まって、名古屋の次は京都

などなど、「ひかり」は列車によって停車パターンが異なります。

この点は「ひかり」の少し面倒なところ…

運行本数

運行本数:1時間に2本程度

「ひかり」は1時間に2本程度運行されています。

東京からだと、1本は新大阪止まり、もう1本は山陽新幹線に直通して岡山・広島まで行くケースが多いです。

列車編成

列車編成:16両
自由席:5両(1~5号車)
グリーン車:3両(8~10号車)
指定席:8両(6~7、11~16号車)※繁忙期などで編成に変更がある

全車禁煙(3・10・15号車に喫煙ルームがある)

トイレは2両に1つ(奇数号車の車端部)に備え付けられている。

N700系車両の普通席には窓側と端の座席に、グリーン車は全席にコンセントがある。
N700S系車両には、普通席・グリーン車の全席にコンセントがある。

設備は「のぞみ」と変わりません。

「のぞみ」に比べて自由席が2両分多く用意されていますが、繁忙期などで指定席が増やされるなど、編成が変更になることがあります。

 

こだま

3つ目は「こだま」です。

「こだま」は青い幕

停車駅・所要時間

停車駅:各駅に停車

所要時間:約4時間(東京~新大阪)

「こだま」は各駅に停車する新幹線です。

なお、新富士・掛川・三河安城の3駅は「こだま」しか停車しません。

時間がかかる理由として、各駅に止まることに加えて、「のぞみ」「ひかり」の通過待ちによる待ち合わせがあるためです。

なにせ「のぞみ」が10分に1本の頻度で来ますから、その度に「こだま」は通過待ちを強いられます。

運行本数

運行本数:1時間に2本程度

「こだま」も「ひかり」と同じように、1時間に2本程度運行されています。

東京からだと、1本は名古屋止まり、もう1本は新大阪止まりというケースが多いです。

列車編成

列車編成:16両
自由席:10両(1~6、13~16号車)
グリーン車:3両(8~10号車)
指定席:3両(7、11~12号車)※繁忙期などで編成に変更がある

全車禁煙(3・10・15号車に喫煙ルームがある)

トイレは2両に1つ(奇数号車の車端部)に備え付けられている。

N700系車両の普通席には窓側と端の座席に、グリーン車は全席にコンセントがある。
N700S系車両には、普通席・グリーン車の全席にコンセントがある。

設備は「のぞみ」「ひかり」と変わりません。

自由席が多いのが特徴です。通勤通学など、短い距離の移動をする人が多いからだと思います。

ちなみに、「こだま」のグリーン車には、エクスプレス予約などで安く乗れるきっぷも用意されています。

JR東海ツアーズから発売されている、「ぷらっとこだま」(普通車用・グリーン車用)なんて商品もあります。

私としてはエクスプレス予約の「EXこだまグリーン早特」がおススメです。

時間はかかりますが、安くグリーン車で移動できるので、時間に余裕があるときは利用してます。

「こだまグリーンのススメ」と題した記事も書いたので、こちらもご覧ください。

こだまグリーンのススメ(①EXこだまグリーン早特編)

こだまグリーンのススメ(②ぷらっとこだまグリーン車用編)

 

 

まとめ

東海道新幹線の列車種別について解説しました。

速い順に「のぞみ」→「ひかり」→「こだま」です。

 

なお、きっぷを予約する際は「エクスプレス予約」がおススメです。

繁忙期でも値段が変わらず、自由席並みの値段で指定席を確保することができます。

先ほど出た「EXこだまグリーン早特」といった、早特の商品もあります。

駅の窓口に並ばなくてもいいですし、EX予約専用カードや交通系ICカード(Suicaなど)を登録すれば、新幹線の改札にタッチするだけなので、きっぷの受け取りも必要ありません。

エクスプレス予約会員になると、年会費(1100円)が発生しますが、それでもお得です。

お!いいな!!と思った方は、エクスプレス予約のHPをのぞいてみてください。

 

 

JR東海

 

 

 

-旅知恵, 鉄道便利帳
-, , , , , , , , , ,