SFC修行

SFC修行で知っておきたいこと 少しでも経済的な負担を減らす

私は昨年ANAの上級資格であるSFC(スーパーフライヤーズ)を所得しました。

なかなか外出には億劫になる最近ですが、おそらくこれからSFC修行をやろうと考えている方は、来年以降にやることになると思います。

そんな今だからこそ、SFC修行を考えている方へ個人的に知っておいてほしいことを書いていきたいと思います。

私のSFC修行の道のりはこちらから

 

大切なのは「行動力」と「経済力」

いきなり偉そうにすいません(笑)

私がSFC修行で大切だと思うのは「行動力」と「経済力」だと思います。

「行動力」は言わずもがな、飛行機にとにかく乗ることです。出張や旅行以外に行く用事もないのに飛行機に乗ることもあるでしょう。

いかに休日や休暇が取りやすいか、限られた時間をうまく使うかが鍵になると思います。

次に「経済力」ですが、おおむねSFC修行には40~50万円が必要だと言われています。なかなか大きな額ですよね…。

出かけるのも面倒だし、経済的にも苦しいなんて人は向かないです。

「行動力」は動かないことには始まりませんから、対策のやりようがありません。

しかし「経済力」に関しては、準備の段階で少しでも負担を減らすことができます。

 

ANAカードを作る

航空券を予約するにはクレジットカードが必要です。

もしSFC修行をするのであれば、ここはANAカードを持っておきましょう!

ANAカードには様々な種類があります。

私はANA JCB一般カードを使ってましたが、ANAゴールドカードやANAカードプレミアムの方がマイルが貯まりやすいですし、搭乗ボーナスのマイルも多くなります。

普段の公共料金や買い物での支払いに使ってもマイルが貯まります。マイルを貯めることが、後々経済的な負担を減らす要因にもなります。

なおAMC(ANAマイレージクラブ)だけでもSFC修行は可能ですが、非常に効率が悪くなるのでおススメしません。

 

マイルを貯めて、ANA SKYコインに交換する

SFC修行に必要なのは「プレミアムポイント」なので、いくらマイルを貯めても直接的な影響はありません。

しかし、ANAにはマイルをANA SKYコインに交換ができる制度があります。

ANA SKYコインは航空券を購入する際に使うことができます。

またSFC修行中に誰もが通る上級資格「ブロンズメンバー」を所得すれば、10000コイン以上は交換率がグッと上がります。

ANA「ブランズメンバー」以上のANA SKYコイン交換率(ANA公式サイトより
1~9999マイル → 1倍(1~9999コイン)
10,000マイル → 1.3倍(13,000コイン)
20,000マイル → 1.4倍(28,000コイン)
30,000マイル → 1.5倍(45,000コイン)
40,000マイル → 1.6倍(64,000コイン)
50,000~200,000マイル → 1.7倍(85,000~340,000コイン)

もし「ブロンズメンバー」になった際に50,000マイルを保有していれば、85,000コインに引き換えられ、85,000円分を航空券に使うことができるようになります。

つまりマイルを貯めれば、SFC修行の際の費用を抑えることも可能なわけです。

ANAカードで普段の支払いからマイルを貯め、飛行機にしばらく乗って、「ブロンズメンバー」になったらマイルをANA SKYコインに交換する。

そうすれば経済的な負担を少しでも減らすことができます。

マイルをうまく使えばSFC修行に役立たせることができますよ。

 

ANAカードを手に入れたら、次に航空券を買いましょう!

 

国内線はスーパーバリュー28・株主優待割引運賃を利用する

航空券を購入する際ですが、スーパーバリュー28もしくは株主優待運賃で航空券を購入するといいです。

ちなみに国内線はマイル積算率に対して2倍のプレミアムポイントが付与されます。

スーパーバリュー28

マイル積算率 75%
搭乗ポイント なし
予約変更 不可(2020年8月現在は特別措置で予約変更が可)
発売期間 搭乗日28日前まで

スーパーバリュー28に限らず、スーパーバリュー運賃でもマイル積算率が75%と旅行パックで購入するよりマイルが貯まります。

また旅行パックで購入するより、実は航空券とホテルを別に買うほうが安くなるケースもあります。

スーパーバリューはとにかく値段が安いですが、急に予定を組むことができません。

また変更もできないので、融通はあまり利きませんが、計画的に日程を組む方にはおススメです。

株主優待割引運賃

マイル積算率 75%
搭乗ポイント 400
予約変更 可(搭乗可能期間外への変更は不可)
発売期間 当日まで

次に株主優待運賃です。スーパーバリューよりも高くはなりますが、残席があれば直前まで購入でき、予約の変更も可能なので、値段の割にとても融通が利きます。

また搭乗ポイントとしてプレミアムポイントが貯まります。これが意外と大きいです。

ただし期間内の株主優待券が必要です。ANAの株主になるか、金券ショップに行って手に入れましょう。(期限直前に金券ショップに行くと安くなってますが、搭乗日には気をつけてください。)

また往復で使う場合は株主優待券が2枚必要になります。

 

余裕がでたらプレミアムクラス!

経済的にに多少余裕が出てきたらプレミアムクラスも検討しましょう。

出費はかさみますが、積算率もかなり良く、搭乗ポイントも手に入ります。

ここでもスーパーバリュープレミアム28とプレミアム株主優待運賃があります。普通席に比べて割引が大きいのもいいですね。

大きな違いは変更ができるかと、直前購入が可能かどうかです。

スーパーバリュープレミアム28

マイル積算率 125%
搭乗ポイント 400
予約変更 不可(2020年8月現在は特別措置で予約変更が可)
発売期間 搭乗日28日前まで

プレミアム株主優待割引運賃

マイル積算率 125%
搭乗ポイント 400
予約変更 可(搭乗可能期間外への変更は不可)
発売期間 当日まで

 

国際線はケースバイケース

国際線に関して行先によります。というのも目的地によって路線倍率が変わるからです。

国際線のプレミアムポイント路線倍率
ANAグループ運航便アジア・オセアニア・ウラジオストク 1.5倍
ANAグループ運航便のその他路線 1倍
スター アライアンス加盟航空会社・スター アライアンス コネクティングパートナー運航便 1倍

アジアやオセアニア・ウラジオストクはANAを使ったほうが貯まります。

それ以外の路線を使う場合はスターアライアンスの他社と値段を比較し、安いほうでいいと思います。

実際に昨年ロサンゼルスに行った際、ANAのエコノミーよりも、シンガポール航空のプレミアムエコノミーの方が安かったです。

スターアライアンス加盟の航空会社でもプレミアムポイントは貯まるので、アメリカやヨーロッパ方面の方はユナイテッド航空やルフトハンザ航空なども検討してみてください。

 

My Recommend

1

格安鉄道旅行の定番「青春18きっぷ」 特急や新幹線などは使えませんが、手頃な値段で、工夫次第で日本全国を移動できるのが魅力です。 しかし注意点や制約が多いのも「青春18きっぷ」の特徴。 トラブルに見舞 ...

2

2020年にJR西日本の株主優待を使って旅をしました。 上手く使うとかなり有効な優待なので、JR西日本の株主優待の使い方をお教えします。   Contents1 JR西日本の株主優待とは?2 ...

ANA 飛行機 3

2019年に私はANAの 「プラチナサービス」メンバーになることができました。 この記事では私の2019年の全フライトを記載しておきます。参考になれば幸いです。   Contents1 AN ...

-SFC修行
-

© 2022 ナオの旅行帳 Powered by AFFINGER5