旅行記

ディスカバリーKANSAI 年末の奈良・京都1日満喫旅 ①奈良編

※この旅行は緊急事態宣言前の2020年12月に行った時のものです。

最高級のバス「ドリームスリーパー」に揺られて大阪に到着した後、奈良と京都を訪れてみました。

 

いざ奈良へ!やっぱり近鉄は便利。

高速バスを降り、時間は朝の7時前。

サラリーマンが足早に職場へ向かう光景は変わりませんが、比較的静まり返っている大阪・なんばです。

外国人や旅行客でにぎわう道頓堀のグリコの前も、がら~んとしていました。

そんな大阪からスタートです。大阪には数分しかいませんでしたが…。

今回は大阪から奈良へ向かい、そこから京都に抜けました。

今回もなんばからは伊勢に行った際にもお世話になった、近鉄電車を使います。

近鉄・大阪難波駅

今回は特急ではなく、「快速急行」に乗って奈良に向かいます。

「快速急行」は特急券が必要ないので、乗車券だけで乗車可能です。

近鉄の大阪難波から近鉄奈良へは約40分です。

うとうとしていると、あっという間に近鉄奈良駅に到着です。

関東民の私には馴染みがありませんでしたが、なんだかんだ近鉄は便利です。

伊勢、名古屋、京都に限らず、奈良まで行けますからね。

伊勢版は以下の記事からどうぞ。

近鉄特急
近鉄特急で関西と伊勢をまとめて旅行してみよう!

大阪や京都などの関西に行ったついでに、時代も変わったことだし伊勢にも足を延ばしてみたい…。 そんな方には電車を使って移動する際は近鉄を利用すると便利です。 少しでもお得に巡るため、「伊勢神宮参拝きっぷ ...

続きを見る

 

そこら中にいる鹿!鹿!鹿!!

近鉄奈良駅に到着してしばらく奈良公園に向かって歩いていると、こんな光景が…。

鹿が横断歩道を渡っている…。

正直、かなりびっくりしました。

道路を横断しています。信号は赤なので、堂々と信号無視をしていますが…。

これには車もさすがに止まっていますね。ぶつかったところで車も大破するでしょう。

さらに奈良公園に入ると、想像以上にたくさんの鹿がいます。

人に慣れているせいか、近づいても逃げません。

奈良公園の中に入れば入るほど、鹿がどんどん増えていきます。

そこらじゅうにいます。

歩いているだけで、普通に目が合います。

奈良の鹿の数には、本当に驚きました。

おそるべし奈良…。

 

奈良公園内の神社・春日大社へ

そんな鹿たちに囲まれながら、私は春日大社へ向かいました。

奈良公園に入り、しばらく進むと春日大社と東大寺に分かれる交差点があります。

その交差点を春日大社方面に進むと、参道が見えてきます。

この参道を道なりに進むと春日大社に到着します。

奈良は日本を代表する世界遺産の一つでしたね。

ここ春日大社も、この後訪れる東大寺も興福寺も世界遺産の一部です。

さっそく鳥居をくぐり、境内に入ります。

鳥居を入ると鹿の像があります。さすが奈良、やっぱり鹿なんだな。

神社はというと、朱色に塗られていてとてもきれいでした。

本殿は写真がありません。ごめんなさい。

御朱印もいただいました。

朝早いので空いていて、ゆっくり参拝できました。

時期は晩秋。紅葉には少し遅かったですね…。

紅葉の時期は11月中旬から下旬といったあたりでしょうか。

当然、参道にも鹿がいます。親子かな?のどかな光景だなぁ…。

 

奈良といえば東大寺の大仏様!これを見ずには帰れない…

春日大社の参拝を終え、参道をすこし戻り、東大寺へと向かいます。

東大寺といえば「奈良の大仏」です。これを見るために私は奈良に来ました。

南大門をくぐると東大寺が見えてきます。

この中門と呼ばれる門の先に、大仏様がいる大仏殿があります。

この中門に沿って左側に進むと、チケット売り場があります。

拝観料600円を支払って、大仏殿に入ります。

こちらが大仏殿の外観です。しっかりした建物ですね。

そして大仏様がこちら。

やっぱり大きい…。

奈良の大仏が完成したのが770年ごろ。

現在は2021年ですから、約140年間見守り続けています。

大仏殿の中は大仏だけでなく、他の仏像や史料もあり、とても見ごたえがあります。

大仏様を見終わると、大仏殿を正面から眺められます。

やっぱり迫力あるなぁ…。

じっくりと大仏様を眺めることができ、大満足で大仏殿を後にました。

東大寺は大仏だけでなく、二月堂など建物も多く、境内もかなり広いです。

二月堂は高台に建てられているので、街を見渡せて景色もきれいです。

奈良の景色はのどかです。

階段を登るので、足元に注意しましょう。

さらに大仏殿の奥には正倉院と呼ばれる、奈良時代からの宝物を保管されている倉があります。

宮内庁が管理していて、一般的に入ることはできません。

建物は高床式で、格式が高い感じがします。

この正倉院の中には奈良時代からの宝物が眠っています。

東大寺に行った際は、大仏だけでなく、広い境内や正倉院も散策してみてください。

東大寺を散策し終えたのが10時半ごろ。

この時間から人がかなり増えました。

結構若い子たちが鹿をからかって、人間に攻撃してきてましたね。

あまり刺激させない方がよさそうです。そっとしておけば、大人しいですよ。

また、ゆっくり散策したい方は、朝方の訪問がいいと思います。

大仏殿は7時30分から空いているので、ゆっくり大仏様を拝みたい方は、朝早くに来るといいでしょう。

 

奈良公園にも五重塔があります

東大寺をあとにして、近鉄奈良駅に向かう途中に興福寺というお寺に寄ってみました。

こちらも春日大社とは違う赤で、立派な建物です。

中金堂という御堂ですが、このすぐそばに五重塔があります。

奈良の五重塔といえば、奈良市街から離れた法隆寺が有名ですが、奈良公園内の興福寺でも五重塔を見ることができます。

興福寺も見どころがたくさんあって、時間をかけて巡ってもいいですね。

奈良はこれくらいにして、私は近鉄に乗って京都に向かいました。

正直奈良はもっと見てみたかった…。若草山や法隆寺にも行ってみたかったし…。

ただその日のうちに帰らなければならないのと、京都もちょっとだけ巡りたかったので、今回はここで断念です。

という訳で、鹿さんともここでお別れです。

寂しくなるねぇ~。こうしてみると可愛いもんだな(笑)

奈良公園を出たとたんに鹿がぱたりといなくなるんですよね~。

近鉄奈良駅には鹿はいません。その辺は鹿サイドもわかっているんですかね?

 

次回は京都編です。

ディスカバリーKANSAI 年末の奈良・京都1日満喫旅 ②伏見・京都編

多くの鹿に遭遇し、世界遺産にもなった歴史的な建造物を見学した奈良。 奈良の記事はこちらから 今回の記事は奈良から近鉄と京阪を乗り継いで京都方面に向かいました。 ※この旅行は緊急事態宣言前の2020年1 ...

続きを見る

My Recommend

1

格安鉄道旅行の定番「青春18きっぷ」 特急や新幹線などは使えませんが、手頃な値段で、工夫次第で日本全国を移動できるのが魅力です。 しかし注意点や制約が多いのも「青春18きっぷ」の特徴。 トラブルに見舞 ...

2

2020年にJR西日本の株主優待を使って旅をしました。 上手く使うとかなり有効な優待なので、JR西日本の株主優待の使い方をお教えします。   Contents1 JR西日本の株主優待とは?2 ...

ANA 飛行機 3

2019年に私はANAの 「プラチナサービス」メンバーになることができました。 この記事では私の2019年の全フライトを記載しておきます。参考になれば幸いです。   Contents1 AN ...

-旅行記
-,

© 2022 ナオの旅行帳 Powered by AFFINGER5