旅知恵

いざ鎌倉!?小田急の「江の島・鎌倉フリーパス」を使ってみよう!

猛暑で騒がれている昨今ですが、暑い時期は海を見たくなりますね。

新型コロナウィルスの影響で遠出を控えている方もいると思います。

東京近郊にお住いの方にとって、身近な海といえば湘南の江ノ島や鎌倉じゃないでしょうか。

今回は江ノ島・鎌倉の旅行・散策におススメの、小田急から発売されている「江の島・鎌倉フリーパス」を紹介します。

 

「江の島・鎌倉フリーパス」概要

小田急電鉄が発売している「江の島・鎌倉フリーパス」は、小田急線内の駅から藤沢までの往復の乗車券と、藤沢から片瀬江ノ島間の小田急線、及び江ノ島電鉄(江ノ電)が乗り降り自由となっているきっぷです。

引用元https://www.odakyu-freepass.jp/enokama/

小田急線内の窓口の他、旅行代理店でも発売していますが、自動券売機でも発売しているので、自動券売機で購入したほうが便利です。また当日購入も可能です。

新宿からだと大人1,520円(子ども770円)で、1日のみ有効になります。他の駅からだと料金が異なりますので、小田急の公式サイトを参照してください。

ちなみに新宿から藤沢まで片道で大人600円かかります。新宿と藤沢間の往復で1200円なので、320円で江ノ電が乗り放題ということになります。

江ノ電単体の乗り放題になるきっぷ「のりおりくん」が650円なので、別々で買うより大幅に安くなります。

(なお「江の島・鎌倉フリーパス」「のりおりくん」ともに、現在は平日のみの発売になっています。2020年8月20日現在)

 

早速、使ってみよう!

私も新宿駅の自動券売機で「江の島・鎌倉フリーパス」を購入しました。クレジットカードも使えるみたいですが、今回は現金で購入しました。

江の島・鎌倉フリーパス 小田急

これが「江の島・鎌倉フリーパス」です。一枚しか出てきません。この一枚が新宿から藤沢までの往復とフリーパスになります。

小田急線や江ノ電で自動改札がある駅(藤沢・江ノ島・長谷・鎌倉など)では「江の島・鎌倉フリーパス」をそのまま改札機に通してください。

改札機にきっぷを通した際は、きっぷの取り忘れに注意してください。(ICカードに慣れてしまっていると、意外と忘れがち…)

自動改札機がない駅では、駅員さんに日付が見えるように提示してください。

江ノ電 長谷駅 Enoden Hase Sta.

気をつける点はこれくらいです。あとは江ノ電に揺られて、江の島や鎌倉を満喫するだけです。

富岡八幡宮も(最寄り駅・鎌倉)

鎌倉の大仏様も(高徳院 最寄り駅・長谷)

稲村ケ崎公園 Inamuradasaki

江の島に沈む夕焼けも(稲村ヶ崎公園 最寄り駅・稲村ヶ崎)

もちろん江の島も(最寄り駅・片瀬江ノ島、江の島)

「江の島・鎌倉フリーパス」一枚で行くことができます。

また本数がほとんどないのが欠点ですが、新宿から片瀬江ノ島の間でロマンスカーも運行しています。

小田急ロマンスカー 70000系 GSE

ロマンスカーに乗る際は、特急券を追加で支払います。

これも新宿や藤沢、片瀬江ノ島の自動券売機で購入できるので、前もって買っておきましょう。

ロマンスカーは必ず座れますし、かなり快適です。特急券は新宿と藤沢・片瀬江ノ島の場合は630円です。

こんな人におススメ

次にこのきっぷを有効活用できそうな場合を考えていきます。どんなことにも向き不向きがありますから…

とにかく節約したい人

「江の島・鎌倉フリーパス」の最大の魅力はコストパフォーマンスです。

江ノ電を2回乗れば元を取れてしまいます。

また対象施設で優待や割引もあるので、少しでも安く楽しみたい方にはおススメです。

 

インスタ映えするような写真を撮りたい人

江ノ電にはインスタ映えするようなフォトスポットがたくさんあります。

江ノ電と海が同時に撮れる「鎌倉高校前駅」(今回は江ノ電が来てませんが…)

江ノ電 鎌倉高校前駅 Enoden Kamakurakoukoumae Sta.

商店街の真ん中を走り抜けていく「腰越駅」付近

江ノ電 腰越駅 Enoden Koshigoe Sta.

あじさいと江ノ電のコラボが撮影できる「御霊神社(最寄り駅・長谷)」(写真ではあじさいが咲いてませんが…)

などなど、写真映りが最高なスポットが多いのが江ノ電沿線の特徴です。

想い思いの写真を撮りたい方は「江の島・鎌倉フリーパス」を使うと、好きなところに自由自在に行くことができます。

最高の一枚が撮れるまで楽しむには、もってこいのきっぷだと思います。

 

あまりおススメできない人

鎌倉を中心に観光したい人

鎌倉を中心に観光したい人は、正直あまりおススメできません。

理由は鎌倉まで行く時間です。

新宿から「江の島・鎌倉フリーパス」を使って鎌倉まで直接行くと、藤沢で江ノ電に乗り換えて2時間近くはかかってしまいます。

少し値段は張りますが、新宿から鎌倉に向かう場合は横須賀線直通の湘南新宿ラインの方が約1時間で着くので速いです。

乗り換えの必要ないので楽ですし、追加料金でグリーン車にも乗れます。

円覚寺や明月院がある北鎌倉も「江の島・鎌倉フリーパス」では対象外です。また湘南モノレールも対象外です。

鎌倉でゆっくり過ごしたいという方は、JRで行った方がいいかもしれません。

 

いかがでしたか?

今回は小田急の「江の島・鎌倉フリーパス」を紹介させていただきました。

使い勝手もよく安いので、幅広い方に便利だと思います。

コロナ禍が収束して、海が見たくなったら、是非使ってみてください。


「やっぱり箱根がいい」「小田急といえば箱根でしょ」「ロマンスカーで箱根まで行きたい」という方は、こちらからどうぞ!



My Recommend

1

格安鉄道旅行の定番「青春18きっぷ」 特急や新幹線などは使えませんが、手頃な値段で、工夫次第で日本全国を移動できるのが魅力です。 しかし注意点や制約が多いのも「青春18きっぷ」の特徴。 トラブルに見舞 ...

2

2020年にJR西日本の株主優待を使って旅をしました。 上手く使うとかなり有効な優待なので、JR西日本の株主優待の使い方をお教えします。   Contents1 JR西日本の株主優待とは?2 ...

ANA 飛行機 3

2019年に私はANAの 「プラチナサービス」メンバーになることができました。 この記事では私の2019年の全フライトを記載しておきます。参考になれば幸いです。   Contents1 AN ...

-旅知恵
-,

© 2022 ナオの旅行帳 Powered by AFFINGER5