旅行記

2019年11月@パース旅行#4 「世界一美しい街」パース市内を散策する

ロットネスト島でクオッカに出会い

フリーマントルを散策して一夜…

翌日はパース中心地を巡りました。

 

無料バス「CAT」

パース中心地を散策する際に便利なのが、「CAT(キャット)」という無料のバスです。

バスに猫の柄が書かれていて、「ブルー」「レッド」「イエロー」「グリーン」の4系統あります。

本数は日中帯で5~10分おきに1本です。

乗り方は簡単。自由に乗って、降りたいところで降りるだけです。停留所には番号が振られていて、番号順に進んでいきます。

パース空港の到着口の脇やパース市内のインフォメーションセンターに日本語のパンフレットがあり、それにも書いてあります。

 

キングスパーク

早速「CAT」を使って移動します。

ホテルがレッドキャットの停留場の前なので、レッドキャットでキングスパークまで行きました。

キングスパークはパースを代表するかなり広い公園で、パース市民の憩いの場です。

ここからのパース市内が一望できます。なかなか壮大な景色です。思わず見とれてしまいました。

キングスパークの観光案内所のそばにカフェや売店がありました。

朝食を食べていなかったので、ハムチーズのクロワッサンとカプチーノを売店で購入しました。クロワッサンは温めてくれます。

パースの街を見下ろしながら食べる朝食が格別です。オープンテラスのカフェでゆったりと食事をしていたり、ビジネスマンが仕事をしていたり、芝生で寝転んでいたり、みんな思い思いの時間を過ごしていました。

すぐ近くには戦没者慰霊碑があります。キングスパークの象徴的なモニュメントです。

噴水や花壇もあり、花壇では日本では季節外れのラベンダーが咲いていました。

近くには植物園があり、無料で入れます。パースの街やスワン川を見渡しながら花や植物を観察できます。

あまり日本では見慣れない花もお目にかかれます。

植物園もそうですが、このキングスパーク自体がとてつもなく広いです。おそらく1日では回りきれません。レンタサイクルなどもあるみたいです。

とても大きな公園ですが、景色がとてもよく、開放的で気持ちいい公園です。パースに行ったらマストで行くべきです。

 

アートの街・パース

キングスパークから再びレッドキャットに乗ってパース駅に向かい、歩いてノースブリッジへ。

駅のそばで中華街を見つけました。かなり小さいです。長崎の新地中華街よりも小さいです。

中華街からしばらく歩くと、カルチュアル・センターと呼ばれる博物館や美術館が並ぶエリアに着きました。東京でいうと上野公園ですかね。パンダや動物はいませんけど…。

どれがどの美術館なのかはよくわかりませんでしたが、地図を見る限り向かいに図書館があったのでパース近代美術館(PICA)だと思います。

クリスマスシーズンということもあってか、かわいらしい家がありました。

かなり華やかで、場所や撮り方によってはインスタ映えするでしょうね。(私にはインスタはよくわかりませんが適当に言っておきます。)

この付近にもフリーマントルと同じく、ノースブリッジ一帯には多くの壁アートがあります。

パースもフリーマントルもアートが盛んな街です。

ノースブリッジはパースの中心地に比べるとあまり人が多くないので、夜は特に気をつけましょう。

 

駅前散策

パース駅まで歩くのが面倒なので、今度はブルーキャットに乗って駅へ向かいます。

巨大なクリスマスツリーが置かれてたり…。

パースに来たぞ!と思えるオブジェもあったり、はたまた前日の人型の像があったり、駅前は賑わっています。

またこんな印象的なオブジェもあります。(グロウ・ユア・オウンというらしい)

この辺りは大規模な商業施設が並んでいて、ショッピングストリートが伸びています。

東京でいう原宿や渋谷のようところですが、大きな違いは建物がレトロでオシャレです。ここもまたヨーロッパのどこかみたいな感じがします。以前はイギリス領とはいえ、ここはオセアニアのオーストラリアです。

もともとはイギリス領だったせいか、ロンドンコートというオシャレな通りがありました。

通りに入ってみると、タイムスリップしたような感じになります。お土産屋やカフェが並んでいます。

ロンドンコートから少し歩くと、これまたオシャレな建物を発見。これは市役所です。

これは総督官邸。

これは西オーストラリア州最高裁判所。どれもオシャレで美しいです。

ちょうどお腹が空いたので、パースでよく見かけた「DOME」というカフェでランチにしました。

オープンテラスでピザとコーヒーです。きれいな街並みを見ながらのランチは最高でした。

 

パースは「世界一美しい街」と言われているみたいですが、開放感のある公園にオシャレな街並み、芸術も盛んで本当に美しい街です。

おまけにバスも無料で乗れ、移動もしやすいので快適な街です。

夜は早いですが、治安もいいですし、人も優しいです。郊外に行けばシーフードや海も満喫できますし、さらに行けばクオッカにも会えます。

よく日本で「住みたい街ランキング」なんてやっていますが、世界単位でこのランキングをやればパースは堂々の1位でしょう。

本当に素晴らしい街でした。

次回はパースでのおススメのお土産と、空港への行き方、帰りの機内食などを載せていきます。

My Recommend

1

格安鉄道旅行の定番「青春18きっぷ」 特急や新幹線などは使えませんが、手頃な値段で、工夫次第で日本全国を移動できるのが魅力です。 しかし注意点や制約が多いのも「青春18きっぷ」の特徴。 トラブルに見舞 ...

2

2020年にJR西日本の株主優待を使って旅をしました。 上手く使うとかなり有効な優待なので、JR西日本の株主優待の使い方をお教えします。   Contents1 JR西日本の株主優待とは?2 ...

ANA 飛行機 3

2019年に私はANAの 「プラチナサービス」メンバーになることができました。 この記事では私の2019年の全フライトを記載しておきます。参考になれば幸いです。   Contents1 AN ...

-旅行記
-,

© 2022 ナオの旅行帳 Powered by AFFINGER5