旅行記

2019年7月@ロサンゼルス旅行#2 サンタモニカとアムトラック

ハリウッドでの苦い経験から一夜たち、2日目。

いつまでも引きづるわけにはいかないので、朝から散策スタートです。

2日目からは待ちに待った野球観戦!ですが、その前にサンタモニカに行きました。

あまりロサンゼルスの中心地には滞在できなかったのですが、少しだけ巡ることもできたので書いておきます。

 

ふわふわ卵のモーニング

ホテルのあったリトル・トーキョーはダウンタウンの中心地。滞在できる時間もかなり限られてくるので、さくっと散策しながら、目的のグランド・セントラル・マーケットに向かいました。

朝から澄み渡る青空が広がって気持ちいいです。太陽が出ている日中は日差しが強くて暑いですが、朝や夜は乾燥しているせいか少し肌寒いです。

気持ちいい天気の中、ロサンゼルスを連れと歩くこと約15分。

世界一短い鉄道といわれているエンジェルフライトに着きました。

90mしかないみたいで、終点がすぐ見えます。

短い距離を小さい列車が上下に動いているのがなんとも可愛いです。実際に乗ることもできます。

「ラ・ラ・ランド」という映画にも登場したみたいです。

エンジェルフライトのすぐ近くにグランド・セントラル・マーケットがあります。

入ってみると多くのお店があります。タコスだったり、サンドイッチだったり、中華だったり…。様々なお店が軒を連ねています。

朝早かったせいか、まだ市場は閑散としていましたが、一角だけは朝から列ができていました。

そこが目的のお店です。

eggslut(エッグスラット)。読んでの通り卵料理が自慢のお店です。

5分くらい並びました。席はカウンターになっていて、座って待ちます。目の前で料理してくれます。

料理ができると名前で呼ばれます。「ナ~オ~」と呼ばれたら、大きく手を振ってアピールすると、料理を届けてくれます。

フェアファックスというバンズの中にスクランブルエッグが挟んであるタマゴサンドとオレンジジュースを注文。

たっぷりのバターで炒めてある卵はふわふわで、見た目以上にたくさん挟んであります。チーズとの相性も抜群で当然ですが美味しいです。朝から列を作って人気なわけだ。

フレッシュなオレンジジュースとともに最高の朝ごはんになりました。

朝8時から開店しています。

どうやら去年の夏ぐらいに新宿にeggslutができたみたいですね。行ってみようかな。

 

 

サンタモニカは曇ってた…

最高の朝ごはんを食べた私と連れは、すっかり使い慣れたUberでサンテモニカへ。

本当は電車で行こうと考えていましたが、あいにく工事で不通ということですが、かえって便利な方になりました。

朝のロサンゼルスは通勤ラッシュなのか、とても渋滞していました。1時間以上かかったと思います。

約1時間でサンタモニカに到着しました。サンタモニカの海を見て一言…。

曇ってる…。

ロサンゼルスのダウンタウンは雲一つない快晴だったにもかかわらず、なぜかサンタモニカはどんよりとしていました。

お天道様には逆らえないですし、これも旅なので仕方ないですね。

天気は気にしないように散策です。

海に伸びる桟橋をまっすぐ行くと、レトロな遊園地が見えてきます。

パシフィックパークは入場だけなら無料なので、気軽に入れます。

メリーゴーランドやコースターの他にもゲームセンターなんかもあります。

桟橋を散策後は、シーフードをいただきました。

桟橋があるサンタモニカピアの入り口にあるThe Albright(ジ オルブライト)です。

お店に入って、注文してから番号札をもって席に着き、店員さんが料理を運んできてくれます。

店内はもちろん、テラスにも席があるので、海を見ながら食べることもできます。

私はカラマリというイカの唐揚げを、連れはムール貝を注文しました。

ドリンクは、私は昼からコロナビール、連れはソーダをオーダー。ソーダはカップだけ渡されて、自分でドリンクを入れに行きます。

カラマリは衣が軽く、サックサクで美味しいです。ムール貝も少しもらいましたが、クリームソースと相まって、コロナビールが進みます。ただ量が結構多いです。

海を見ながら食事ができるので晴れていれば最高でしたが、美味しい海鮮に巡り合えたのでよかったです。

昼から飲むコロナビールもたまらないですよ。

サンタモニカでショッピングを楽しんだ後は、アナハイムに向かいます。

 

アムトラックでアナハイム

ホテルで荷物をピックアップするため、Uberでリトル・トーキョーに戻ります。帰りは道が空いてて40分くらいで着きました。

リトル・トーキョーは日本人街で、日系人の博物館や和雑貨のお店もあります。「ミヤコホテル」の隣はお寺でした。

少し日本風の雰囲気があり、近くにはラーメン屋さんなどがありますが、あまり治安はよくありません。

日中は安定していますが、夜の不用意な外出は避けたほうがいいかもしれません。

リトル・トーキョーからメトロリンクのゴールドラインでユニオン駅へ。

ここからAmtrak(アムトラック)という列車に乗って球場のあるアナハイムに行きます。

このユニオン駅もとても立派は駅で、内部はコンサートホールのように広いです。コンビニやカフェ、靴磨き屋さんもあります。

Amtrakのチケットは事前に予約し、駅で発券しました。日本でいう「えきねっと」みたいなサービスですね。(Amtrakの予約はこちらからできます。サイトは英語です。)

駅の中には待合室がありますが、チケットがないと入れません。入り口の前にいる警備員にチケットを見せれば大丈夫です。

待合室で連れに荷物を見てもらって、ユニオン駅の周辺を少し散策しました。

しばらく歩くとにぎわっている場所を見つけました。

メキシコの雑貨らしきものが売っていたので、メキシコ人街だと思います。

出発時間が近づいてきたので、ホームへ向かいます。「サンディエゴ~セブンエイトツー」と行先と列車番号を駅員さんが叫んでいます。その駅員さんにチケットを見せれば何番線か教えてくれました。

駅員さんの教えてくれた番線に向かうと、Amtrakが待機しています。乗り込んでしばらくすれば発車します。席は基本的に自由席なので早い者勝ちです。

約40分でアナハイムに到着します。車内でチケットを車掌さんに見せます。その時「アナハイムは2駅先だよ」と教えてくれます。

アメリカの鉄道マンは優しいですね。

車掌さんのいうことを忠実に守り、2駅目で降りました。教えてくれた通りアナハイム駅です。

アナハイム駅は新しい感じできれいです。しかもとても広い。

なおユニオン駅からアナハイム駅までは15.1ドルです。

 

アナハイムに到着して、駅の真横にはスタジアムがあります。

荷物を置きたかったので一度ホテルに行きましたが、本場メジャーのスタジアムを見ると興奮してきます。

 

もうすぐ野球の時間です。

My Recommend

1

格安鉄道旅行の定番「青春18きっぷ」 特急や新幹線などは使えませんが、手頃な値段で、工夫次第で日本全国を移動できるのが魅力です。 しかし注意点や制約が多いのも「青春18きっぷ」の特徴。 トラブルに見舞 ...

2

2020年にJR西日本の株主優待を使って旅をしました。 上手く使うとかなり有効な優待なので、JR西日本の株主優待の使い方をお教えします。   Contents1 JR西日本の株主優待とは?2 ...

ANA 飛行機 3

2019年に私はANAの 「プラチナサービス」メンバーになることができました。 この記事では私の2019年の全フライトを記載しておきます。参考になれば幸いです。   Contents1 AN ...

-旅行記
-,

© 2022 ナオの旅行帳 Powered by AFFINGER5